寄大橋から檜岳山稜を周回してきました(前編)

雑誌「岳人」11月号で紹介されていたコースです。この山域、特に檜岳(ひのきだっか)は面白い名前だったのでずっと気にはなっていましたが、この辺りは自宅からのアクセスが悪くなかなか行けずにいましたが、前述の「岳人」の記事を見て行くことにしました。コースもほぼ記事と同じです。実はこのように雑誌の記事で登る山を決定するのは自分的には意外に珍しく、過去にはあまり例をみません。というのも、自分が気になっている山と雑誌の記事として掲載されるタイミングが合うことは稀なので、今まではそういうことが無かったんだと思います。じゃあ、なんで雑誌を買っているのかと言うと、登る山が決まった後に過去に遡って調べたり、新製品の情報を見たりするのが目的だったりします。まぁ、そんなことはどうでもいいんですが・・・。

さて、上で自宅からのアクセスが悪く・・・とありますが、今回はそれに輪をかけてのアクセス不備がありました。自宅を6時30分に出発(当初の予定では6時出発でした)したものの、寄大橋に着いたのは約8時30分でした。ちょうど2時間かかったことになりますが、実際にはそんなに掛かるわけもないんですが、自宅を出発後頭がボーっとしていたせいか、宮ヶ瀬方面に向かわなければならないところを厚木方面に向かってしまい時間のロス、その1・・・ある程度行ったところで気がついて方向修正しようとしたところ、何を考えたか今度は津久井方面に向かってしまい時間のロス、その2です。自宅のすぐそばで約30分のロスをしてしまいました・・・。例えて言うなら新宿駅から東京駅に行くのに、一度横浜駅に寄って次に大宮駅を通って東京に行くようなものです。朝から狐につままれた気分です・・・。

そんなわけで、朝から波瀾万丈の中まずは雨山峠に向かって出発です・・・。

トレッキングデータ

2013年12月07日(土)
コース(スタート)寄大橋〜釜場平〜雨山峠〜雨山〜檜岳〜檜岳南東尾根〜寄大橋(ゴール)
山 名 雨山(1,176m) 檜岳(1,166.8m)
累積標高(+)1,013m
歩行距離10.344km
所用時間4時間17分

トレッキング

予定よりずいぶんと遅くなってし...
【08時34分】

予定よりずいぶんと遅くなってしまいましたが出発です。


寄大橋を渡ります。ちなみにこの...
【08時35分】

寄大橋を渡ります。ちなみにこの橋を渡って右にほぼ道なりに進むと国道246号の寄入口に出ます。


橋を渡って左はすぐにはゲートが...
【08時36分】

橋を渡って左はすぐにはゲートがあります。雨山峠へはこのゲートを越えて向かいます。峠までは4.2kmなので約2時間くらいですかね・・・。


管理棟・・・...
【08時36分】

管理棟・・・


・・・の横には登山届けのポスト...
【08時37分】

・・・の横には登山届けのポストがあります。


もう少し進むとトイレがあります...
【08時39分】

もう少し進むとトイレがあります。


この辺りは水源林として植林が盛...
【08時41分】

この辺りは水源林として植林が盛んなようですが、如何せん、森林政策に弱い神奈川県・・・どうなるんでしょう・・・。

【混交林】
・混交林とは、スギやヒノキなどの針葉樹とケヤキやコナラなどの広葉樹が混じった森林です。
・スギやヒノキの林を間伐し、空いたところに広葉樹を育て、より水源かん養機能の高い混交林を目指します。


【複層林】・複層林とは、スギ、...
【08時41分】

【複層林】
・複層林とは、スギ、ヒノキ、などの上木とスギ、ヒノキ、コナラ、クヌギなどの下木が層になっている森林です。
・択伐、間伐、枝打ちを強度に行い、空いたところに下木を植栽し、より水源かん養の高い複層林を目指します。


【巨木林】・巨木林とは、樹齢1...
【08時41分】

【巨木林】
・巨木林とは、樹齢100年以上の樹木からなる森林です。
・現在、樹齢約80年生のスギ、ヒノキ林ですが、管理棟付近のヒノキ林は「かながわの美林50選」に選ばれています。
・間伐や枝打ち等の整備を進め、より水源かん養機能の高い巨木林を目指します。


この辺りにはこのような樹木クイ...
【08時42分】

この辺りにはこのような樹木クイズがたくさんあります。ヒントが優しいので回答を見るまでもないですが・・・。


ちなにみ上の答えはアオギリでし...
【08時42分】

ちなにみ上の答えはアオギリでした。街路樹などでよく見るのでお馴染みの木です。ここは樹木の勉強をしている人にはお勧めの場所ですが、ヒントのプレートが外れて答えが直接見えているものも多く見られます。


枕状溶岩〈まくらじょうようがん...
【08時43分】

枕状溶岩〈まくらじょうようがん〉

◇海底火山の枕状溶岩

この岩石は、1700万年前ごろの南の海の深海底で、海底火山から噴出した溶岩が枕のような形にに固まったものです。

その後、この海底火山は、海底プレートの動きにより、500万年前ごろ本州に衝突して、現在の丹沢山地が形成されました。


このような企業の看板もアチラコ...
【08時45分】

このような企業の看板もアチラコチラで見られます。


もう、紅葉は終わりですね〜。...
【08時45分】

もう、紅葉は終わりですね〜。


水場?...
【08時48分】

水場?


ここからが本格的な登山道になり...
【08時50分】

ここからが本格的な登山道になります。


雨山峠まで3.2km。...
【08時50分】

雨山峠まで3.2km。


ムムムム・・・。そんなに難しい...
【08時50分】

ムムムム・・・。そんなに難しいコースなのか???


ガオー!...
【08時51分】

ガオー!


てっきり、すぐ沢沿いを進むのか...
【08時53分】

てっきり、すぐ沢沿いを進むのかと思ったら・・・


・・・一度稜線近くまで登る。...
【08時53分】

・・・一度稜線近くまで登る。


鹿柵をくぐる。ドアはあるけど、...
【08時56分】

鹿柵をくぐる。ドアはあるけど、開けなくても通れる。


鎖場・・・。だけど、そんなに難...
【08時57分】

鎖場・・・。だけど、そんなに難しくない。


一度沢に降りて渡渉・・・。もう...
【08時58分】

一度沢に降りて渡渉・・・。もう少し、水量が少なければまっすぐ石を伝って渡れそうだけど、水量が多く石が水没しているので、もう少し上流から渡った。


対岸を登る。...
【09時00分】

対岸を登る。


沢沿いのコースと言っても、河原...
【09時00分】

沢沿いのコースと言っても、河原を歩くときは渡渉するときくらいで、あとは沢の左右の斜面を少し登った所を歩きます。


なので、このような砂防ダムは直...
【09時02分】

なので、このような砂防ダムは直接よじ登ることはありません。


また川原に出た。...
【09時03分】

また川原に出た。


と言うことは渡渉するということ...
【09時03分】

と言うことは渡渉するということ。よく見ると沢の向こう側にもピンクテープがあります。


川原にはこのような白丸もあるの...
【09時04分】

川原にはこのような白丸もあるので、迷うことは無いです。


沢を渡る時は無理してルート上を...
【09時05分】

沢を渡る時は無理してルート上を歩かず、左右を見渡して、楽に渡れそうな所を探します。


沢を渡ったら再び斜面を登ります...
【09時06分】

沢を渡ったら再び斜面を登ります。マーカーがしっかりしているので迷うことは無いです。


道迷いが多いためか、これでもか...
【09時06分】

道迷いが多いためか、これでもか! と言うくらいマーカーがあります。


再び砂防ダムをパスします。...
【09時07分】

再び砂防ダムをパスします。


またまた沢に出る。...
【09時10分】

またまた沢に出る。


段々沢が狭くなってくるので渡り...
【09時10分】

段々沢が狭くなってくるので渡りやすくなった・・・。対岸の◯は蛍光塗料???


川原にもしっかりした踏み跡があ...
【09時11分】

川原にもしっかりした踏み跡がある。


おー、ここは沢が2本あった。...
【09時11分】

おー、ここは沢が2本あった。


この辺りから距離表示が無くなっ...
【09時12分】

この辺りから距離表示が無くなった。


対岸の大岩。これも海底で作られ...
【09時12分】

対岸の大岩。これも海底で作られたのか?


再び対岸へ・・・。...
【09時17分】

再び対岸へ・・・。


もう、何回目か分からない・・・...
【09時17分】

もう、何回目か分からない・・・。


沢を渡って上流に向かおうとした...
【09時19分】

沢を渡って上流に向かおうとしたら、バッテンが・・・。たまにこの意味がわからないでまっすぐ行っちゃう人がいるんですよね〜。基本的にこのようにクロスしている場合はその先に進むな! という意味になるので要注意です。


バッテンがあったら、とりあえず...
【09時19分】

バッテンがあったら、とりあえずは周りをよく確認します。何となく踏み跡がありました。


このようなモノもありました。...
【09時20分】

このようなモノもありました。


間違える人が多いんでしょう。上...
【09時20分】

間違える人が多いんでしょう。上の写真のすぐ右にもこのようなものが・・・。


道なりに進んだら、こんどはトラ...
【09時20分】

道なりに進んだら、こんどはトラロープが横に張ってあります。やはりこれも行き止まりの意味です。再び周りをキョロキョロすると・・・


・・・マーカーがありました。...
【09時20分】

・・・マーカーがありました。


マーカーの指す方向に進むと、鹿...
【09時21分】

マーカーの指す方向に進むと、鹿柵があります。ドアがありますが、ここはくぐらずに踏跡をたどって左に曲がります。


左に曲がったところに何かの碑が...
【09時21分】

左に曲がったところに何かの碑が・・・。

文章を読むと、遭難というより、◯◯◯◯?


しばらくは鹿柵を右手に見て進み...
【09時22分】

しばらくは鹿柵を右手に見て進みます。


逆光のススキがキレイ。...
【09時23分】

逆光のススキがキレイ。


所々離れたりもしますが、基本的...
【09時25分】

所々離れたりもしますが、基本的にはずっと鹿柵を右手に見て進みます。


鹿柵の向こう側にピンクテープが...
【09時30分】

鹿柵の向こう側にピンクテープが続いていますが、鹿柵はくぐりません・・・


・・・ただし、道なりに進むと自...
【09時31分】

・・・ただし、道なりに進むと自然にくぐる所があります。


再びとうせんぼ・・・。この先が...
【09時32分】

再びとうせんぼ・・・。この先が崩落して道が無くなっています。


斜面の少し上に新しいルートが付...
【09時32分】

斜面の少し上に新しいルートが付け替えられていました。


崩落地を迂回したところを振り向...
【09時33分】

崩落地を迂回したところを振り向いて見ると、たしかに道が崩れていた。


もう一回、鹿柵をくぐります。...
【09時35分】

もう一回、鹿柵をくぐります。


再び沢を渡ります。...
【09時36分】

再び沢を渡ります。


これより稲郷まで〜とありますが...
【09時36分】

これより稲郷まで〜とありますが、稲郷が分からないので、この先のことを言っているのか、今通ってきた所のことを言っているのか分からない・・・。こういう標識は地元の人間じゃない人が見て分かるように書かなくてはならない。


おっ、なにやらスリルのありそう...
【09時37分】

おっ、なにやらスリルのありそうな場面・・・。


このハシゴ、高さはそれほどでも...
【09時37分】

このハシゴ、高さはそれほどでもないけど、横木がものすごく細いので、果たしてこのハシゴは私の体重を支えてくれるのだろうか? という不安が頭を過りまくる。


よく見ると近くに横木にちょうど...
【09時37分】

よく見ると近くに横木にちょうど良さそうな木の束が・・・。いずれ直そうと思っているのか? ってことはやはり重荷重には耐えられないのか? 


沢の少し上流には白い山肌が見え...
【09時38分】

沢の少し上流には白い山肌が見えている。近くに行って見たい気もするが・・・いやいや、今はそれどころじゃなく、目の前のハシゴをクリアしなければ・・・。一歩一歩慎重に登る・・・。手を使い足への荷重を少しでも減らすつもりで一歩一歩登る・・・。


ふ〜、なんとか無事に登り切った...
【09時39分】

ふ〜、なんとか無事に登り切った・・・。横木は思っていたより全然丈夫だった。振り返って見下ろしてみる・・・ここは絶対登るほうが楽だ。下りでは使いたくないな・・・。結局ここは今回のコースで一番ドキドキした。


バッテンのある橋。よく見るとこ...
【09時40分】

バッテンのある橋。よく見るとこの先は崩落していた進めなくなっていた。


上の写真の数メートル上部に新し...
【09時41分】

上の写真の数メートル上部に新しい橋が掛かっていた。


橋を渡って小さい支尾根に乗ると...
【09時41分】

橋を渡って小さい支尾根に乗ると・・・


・・・ちょっと開けた所に出た。...
【09時42分】

・・・ちょっと開けた所に出た。


ここが釜場平。歩き始めて1時間...
【09時42分】

ここが釜場平。歩き始めて1時間程なので、ベンチもあるし、休憩場所には調度良い。けど、雨山峠まであと1.6kmなので、そこでちょっと早い昼食を摂るつもりでいたので、ここでは休憩無し。

後編へ続く。


 ルート図

ルート図

 鳥瞰図

鳥瞰図

 コース断面図

コース断面図

 このページのルート図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、数値地図50000 (地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び電子地形図25000を複製したものである。 (承認番号 平25情複、 第571号)

 このページの鳥瞰図、コース断面図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の基盤地図情報を使用した。 (承認番号 平25情使、 第583号)

 また、これらの承認を得て作成した成果品を第三者がさらに複製又は使用する場合には、国土地理院の長の承認を得る必要があります。

 スポンサー