上高地&蝶ヶ岳へのリベンジ山行

G.W.前半が大雪で小梨平に軟禁状態になってしまい(詳細はコチラ「予想外の雪の上高地で雪上テント泊」)満足に上高地を堪能出来なかったので、予定には無かったのですが再び上高地に行って来ました。ただし、それだけだとつまらないので昨年バッジが売り切れで手に入れられなかった蝶ヶ岳にも登ってきました。

通常ならば1泊2日の行程ですが、あえてもう一日プラスして2泊3日で上高地を堪能してきました・・・。

トレッキングデータ

2013年05月03日(金)〜05日(日)
コース一日目:(スタート)大正池〜上高地バスターミナル〜河童橋〜明神〜徳沢(ゴール)
二日目:(スタート)徳沢〜横尾〜蝶ヶ岳〜徳沢〜明神〜小梨平キャンプ場(ゴール)
山 名 蝶ヶ岳(2,677m)、長堀山(2,564.9m)
累積標高一日目:(+)344m (-)269m
二日目:(+)1,586m (-)1,637m
歩行距離一日目:10.951km
二日目:21.098km
所用時間一日目:2時間59分
二日目:9時間28分

トレッキング

一日目

先週とはうってかわっていいお天...
【06時44分】

先週とはうってかわっていいお天気・・・。


大正池でバスを下車して今日の宿...
【07時20分】

大正池でバスを下車して今日の宿泊予定の徳沢まで約10kmのお散歩です。


大正池越しの穂高連峰。...
【07時29分】

大正池越しの穂高連峰。


雪はすっかり無くなりましたね〜...
【07時37分】

雪はすっかり無くなりましたね〜・・・


・・・と思いきや、樹林帯の中の...
【07時40分】

・・・と思いきや、樹林帯の中の一部ではまだしっかり雪は残っています。


田代池。...
【07時47分】

田代池。


林間ルートは閉鎖されています。...
【07時52分】

林間ルートは閉鎖されています。なので、左の梓川沿いのルートを進みます。


田代橋。...
【08時05分】

田代橋。


大正池から50分ほどで上高地バ...
【08時22分】

大正池から50分ほどで上高地バスターミナル到着。


今回の山行は蝶ヶ岳にも登る予定...
【08時23分】

今回の山行は蝶ヶ岳にも登る予定なので、登山届を提出します。


!!!...
【08時23分】

!!!


おっ! 早速三歩くんが活躍して...
【08時28分】

おっ! 早速三歩くんが活躍していますね。

[山登り10訓]というのがツラツラ書かれていますが、出来れば「ヤッホー! は大きな声で」っていうもの入れて欲しかったな・・・。


河童橋通過・・・。...
【08時34分】

河童橋通過・・・。


先週の雪とはうてかわって、気持...
【08時41分】

先週の雪とはうてかわって、気持ちの良さそうな小梨平キャンプ場。


梓川の左岸を通って明神到着。本...
【09時16分】

梓川の左岸を通って明神到着。本当は右岸を通りたかったんですが、この日は仕事の関係で一睡もしていないので、睡魔と闘いながら歩いていて、まだ雪の残る足場の悪い右岸より、比較的歩きやすい左岸を通りました。


明神で10分ほど休憩・・・とい...
【09時26分】

明神で10分ほど休憩・・・というか目をつぶってウトウトしていた・・・。


明神館に、先週の入山規制の張り...
【09時26分】

明神館に、先週の入山規制の張り紙が・・・。


猿です。...
【09時44分】

猿です。


木の上の猿です。20〜30頭く...
【09時49分】

木の上の猿です。20〜30頭くらいはいたと思います。


古池に映った明神岳。...
【09時50分】

古池に映った明神岳。


フキノトウ。いたるところにあり...
【09時53分】

フキノトウ。いたるところにありますが、すでにかなり開いちゃってますね・・・。


この橋が見えてくると、徳沢はも...
【10時08分】

この橋が見えてくると、徳沢はもうすぐ。


徳沢ロッジとの分岐。右に行けば...
【10時10分】

徳沢ロッジとの分岐。右に行けば徳沢ロッジ。


キャンプ場が見えてきた。...
【10時13分】

キャンプ場が見えてきた。


徳澤園到着。まずはキャンプの手...
【10時15分】

徳澤園到着。まずはキャンプの手続き。


さぁ、テントを立てます。何分で...
【10時22分】

さぁ、テントを立てます。何分で立てられるか??? ヨーイドン!


完成。7分ほどかかりました。せ...
【10時29分】

完成。7分ほどかかりました。せめて、5分以内で・・・とは思いますが、たとえ慣れたとしても今とそうは変わらないと思います。

時計を見るとまだ10時半・・・。随分早いなとは思いますが、睡眠不足には勝てません。サッサと荷物をテントの中に放り込んで、寝たい・・・。


テント内でゴロゴロしながらお腹...
【11時09分】

テント内でゴロゴロしながらお腹が空いたので徳澤園でお菓子を買ってきた。


マットも2枚重ねで枕もセットし...
【11時19分】

マットも2枚重ねで枕もセットして、寝る体制に・・・おやすみなさい・・・zzzzzz


起床&夕食。豪華にラーメンと豚...
【16時26分】

起床&夕食。豪華にラーメンと豚のしょうが焼き丼です。あと、ビールもちょっと・・・。

夕食もさっさと食べて、寝る準備。明日は予定では6時には出発したいのでサッサと寝ます。昨日の分の睡眠不足も取り戻さなければ・・・と言いつつ、寝たのは10時近かった・・・。


二日目

4時半に起床して、朝食。...
【05時08分】

4時半に起床して、朝食。


なんとか予定通り6時に出発出来...
【05時59分】

なんとか予定通り6時に出発出来た。


水の補給。...
【06時01分】

水の補給。


新村橋通過。...
【06時15分】

新村橋通過。


まだまだ雪が残っている箇所があ...
【06時31分】

まだまだ雪が残っている箇所があります。一番高いところは3m近くあると思います。


あっ! 行き止まり。矢印の方向...
【06時35分】

あっ! 行き止まり。矢印の方向に進むと・・・。


梓川の河原を歩くようになります...
【06時35分】

梓川の河原を歩くようになります。


常念岳?...
【06時44分】

常念岳?


あっ、橋が見えてきた・・・。...
【06時47分】

あっ、橋が見えてきた・・・。


横尾のキャンプサイトだ。...
【06時51分】

横尾のキャンプサイトだ。


結構人はいますね・・・。先週は...
【06時52分】

結構人はいますね・・・。先週はここから先は入山禁止だったので、リベンジという人も結構いるのではないでしょうか?


横尾到着。...
【06時52分】

横尾到着。


横尾大橋。...
【06時52分】

横尾大橋。


5分ほど休憩して蝶ヶ岳に向かい...
【06時56分】

5分ほど休憩して蝶ヶ岳に向かいます。


緩やかなのは最初だけ・・・。...
【06時56分】

緩やかなのは最初だけ・・・。


すぐに急登が始まり、雪も出てき...
【06時57分】

すぐに急登が始まり、雪も出てきた。


まだまだツボ足で行けそうだった...
【07時12分】

まだまだツボ足で行けそうだったけど、周りがみんなアイゼンを着けていたので・・・


・・・釣られて自分も装着。...
【07時18分】

・・・釣られて自分も装着。


ツアー登山だろうか? 空身で登...
【07時18分】

ツアー登山だろうか? 空身で登っている人がいた。後で聞いた話だと、自分と同じで徳沢で前日泊をして横尾から蝶ヶ岳、再び徳沢に下る、という自分と全く同じコースを辿るらしい。


槍見台、という所からちょっとだ...
【07時31分】

槍見台、という所からちょっとだけ槍の穂先が見えた。


雪がない所もある。...
【08時15分】

雪がない所もある。


一度開けた所に出て、再び樹林帯...
【09時37分】

一度開けた所に出て、再び樹林帯の急登を登り・・・


・・・再び開けると森林限界を越...
【09時48分】

・・・再び開けると森林限界を越えて・・・


・・・稜線上に出た。横尾から3...
【09時55分】

・・・稜線上に出た。横尾から3時間。アイゼン歩行を考えるとまぁまぁですね・・・。


槍は隠れてしまった・・・。...
【10時03分】

槍は隠れてしまった・・・。


あとは稜線を蝶ヶ岳に向かって進...
【10時04分】

あとは稜線を蝶ヶ岳に向かって進む。緩やかなアップダウンはあるけど、比較的歩きやすい・・・


・・・って言ってもやっぱりアイ...
【10時14分】

・・・って言ってもやっぱりアイゼンを着けていてはこんな岩場は歩きにくいので外す・・・。


蝶ヶ岳ヒュッテ到着!...
【10時36分】

蝶ヶ岳ヒュッテ到着!


昨年来た時は売り切れで買えなか...
【10時41分】

昨年来た時は売り切れで買えなかったバッジをゲット! 今回の山行はコレが最大の目的だったと言っていいでしょう・・・。


テント場。テントの周りに雪のブ...
【10時45分】

テント場。テントの周りに雪のブロックが積まれていた・・・。この辺は相当風が強うそうだもんな・・・。


蝶ヶ岳到着!横尾からはコースタ...
【10時49分】

蝶ヶ岳到着!横尾からはコースタイムピッタリ!


常念岳方面。...
【10時49分】

常念岳方面。


山頂で10分ほど休憩して下山開...
【10時58分】

山頂で10分ほど休憩して下山開始。念のためにアイゼン装着。


もう一回山頂方面を振り返って・...
【10時58分】

もう一回山頂方面を振り返って・・・。


さぁ、下るぞぉ〜!...
【10時59分】

さぁ、下るぞぉ〜!


すぐに樹林帯の中へ。...
【11時06分】

すぐに樹林帯の中へ。


基本的には踏み跡が付いているの...
【11時35分】

基本的には踏み跡が付いているので迷うことは無い・・・と思ったら大間違い! のんきにこんな写真を撮っているけど、ここは間違ったルートです。それまではずっとマーキングがあったのですが急にパッタリ無くなったので変に思い引き返してみたら、正しいルートを確認出来ました。距離にして50mほどですが、先行者がいたのでその人達に付いていってしまったのが間違いの原因です。

ちなみに先行者はこの少し後で休憩している所を追い越しました。違うルートでも結局は本線に合流するってことですね・・・。


徳沢まであと1km。この最後の...
【12時53分】

徳沢まであと1km。この最後のジグザグの下りは長く感じる・・・。


まだ雪のある所もあるけど・・・...
【12時54分】

まだ雪のある所もあるけど・・・


・・・歩きにくいのでアイゼンを...
【13時13分】

・・・歩きにくいのでアイゼンを外す。


あっ! 赤い屋根が見えてきた。...
【13時28分】

あっ! 赤い屋根が見えてきた。あとちょっと!

っというとこれで、空身で登ってくる人とすれ違った。挨拶してすれ違おうとしたら、

「ピッケル見ませんでしたか?」

「いえ、ルート上では見ませんでしたけど・・・」

どうやら下山途中でピッケルと落としてしまったようだ。さすがにルート上に落ちていれば気づいただろうけど、脇の笹薮にでも落ちたら見つけるのは困難そうだ・・・。結局見つかったのかな?


キャンプ場到着。...
【13時30分】

キャンプ場到着。


徳澤園。...
【13時30分】

徳澤園。


今日はテントを撤収して小梨平の...
【13時32分】

今日はテントを撤収して小梨平のキャンプ場まだ戻る予定・・・。なのでテント撤収開始。


撤収完了。立てる時間とあまり変...
【14時01分】

撤収完了。立てる時間とあまり変わらないのは、一度バラした装備を再びパッキングし直しているため・・・。

さぁ、小梨平に向けて出発!


50分ほどで明神到着。休憩無し...
【14時49分】

50分ほどで明神到着。休憩無しで小梨平へ。


小梨平到着。...
【15時27分】

小梨平到着。


さぁ、再びタイムトライアル。ヨ...
【15時28分】

さぁ、再びタイムトライアル。

ヨーイドン!


あ〜、やっぱり7分かかった・・...
【15時35分】

あ〜、やっぱり7分かかった・・・。

この後、一息ついて、4時ころ入浴しようと受付に行ってみるが、今日は混んでいるので4時半頃に来てくれということなので、再び4時半に行ったら、団体さんが入ったので5時半頃に再び来てくれ、とのこと、え〜! と思いつつ5時半頃に行ったらやっと入れた。


スッキリして夕食。カレーとラー...
【18時12分】

スッキリして夕食。カレーとラーメン。

ガンバッテここまで来たせいで、明日の朝はゆっくり出来る。特に起床時間も決めずにテント内でゴロゴロ・・・。


三日目

5時起床。朝食は簡単に済ます。...
【05時39分】

5時起床。朝食は簡単に済ます。


テント回収完了。...
【06時58分】

テント回収完了。


あ〜、今日はこどもの日か・・・...
【07時06分】

あ〜、今日はこどもの日か・・・。


穂高!...
【07時06分】

穂高!


河童橋!...
【07時07分】

河童橋!


焼岳!...
【07時07分】

焼岳!


さらば! 上高地!...
【07時24分】

さらば! 上高地!


・・・沢渡到着。...
【08時02分】

・・・沢渡到着。


ルート図(一日目)

ルート図

鳥瞰図(一日目)

鳥瞰図

断面図(一日目)

コース断面図

ルート図(二日目)

ルート図

鳥瞰図(二日目)

鳥瞰図

断面図(二日目)

コース断面図

 このページのルート図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、数値地図50000 (地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び電子地形図25000を複製したものである。 (承認番号 平25情複、 第571号)

 このページの鳥瞰図、コース断面図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の基盤地図情報を使用した。 (承認番号 平25情使、 第583号)

 また、これらの承認を得て作成した成果品を第三者がさらに複製又は使用する場合には、国土地理院の長の承認を得る必要があります。

 スポンサー