12回目の富士登山は雪山でした

もう富士山は昨年で卒業だな〜なんて思っていたけど、結局今年も行ってきました。今年は雪も多そうだし、どうしようかとも考えたけど、今後のスケジュールを考えると、行けるんなら行っちゃえ、とネットで調べてみると、雪は例年よりも多そうだけど十分に自分でも行けそうだと判断しての実行です。

6時に富士宮口五合目に到着。富士山スカイラインの深夜規制はすでに解除されたようですね。ゲートはありませんでした。とりあえず1時間は五合目で高度順応のためにブラブラします。

トレッキングデータ

2014年05月24日(土)
コース(スタート)富士宮口五合目~富士山(剣ヶ峰)~富士宮口五合目(ゴール)
山 名 富士山(3,776m)
累積標高(+)2,057m
歩行距離9.733km
所用時間10時間26分
関連山行2013年06月08日(土) 舌の根の乾かぬうちに11回目の富士登山・・・
2013年06月01日(土) 世界文化遺産登録前に富士山に登頂(10回目)してきました

トレッキング

五合目をブラブラ中です。本来の...
【06時39分】

五合目をブラブラ中です。

本来の登山口にはまだ雪がたくさんあります。なのでスタートは駐車場の一番東側から登ります。


五合目から上の雪渓を見上げると...
【06時41分】

五合目から上の雪渓を見上げると沢山の人が登っています。


上の段の駐車場はほぼ満車で、下...
【06時42分】

上の段の駐車場はほぼ満車で、下の方の駐車場も埋まってきてます。


さぁ、出発です。...
【06時55分】

さぁ、出発です。


まずは駐車場の東端へ・・・。雲...
【06時56分】

まずは駐車場の東端へ・・・。雲海が広がっています。


駐車場の脇からさっそく雪です。...
【06時57分】

駐車場の脇からさっそく雪です。


スタート地点から見上げます。...
【06時57分】

スタート地点から見上げます。


五合目からアイゼンを装着します...
【07時03分】

五合目からアイゼンを装着します。


スタートです。...
【07時03分】

スタートです。


所々雪が切れています。その度に...
【07時09分】

所々雪が切れています。その度にアイゼンを外すのは面倒なのでそのまま進みます。


さぁ、ここからは雪渓を直登しま...
【07時11分】

さぁ、ここからは雪渓を直登します。

しばらく登った所でラクの声が・・・、上を見上げると頭大の岩が雪渓の上を飛んできます。自分の位置から10mも離れていない所を落ちていきました。ラ〜ク!


1時間ほどで最初の雪渓の上端に...
【08時02分】

1時間ほどで最初の雪渓の上端に到着。


アイゼンを外しましたが、外さな...
【08時05分】

アイゼンを外しましたが、外さなければよかったと思いました。この位置からは小さい尾根があって次の雪渓が見えないので、どのくらい離れているのか分かりませんでしたが、小さい尾根を越えるとすぐが雪渓だったので、そのまま登ればよかったと思います。


夏道でもない斜面を登るのですか...
【08時07分】

夏道でもない斜面を登るのですから歩きづらいのはもちろんのこと、先ほどの落石のことを考えると、小石ひとつ落とすわけにもいかないので、緊張のザレ場歩きです。むしろアイゼンを履いていたほうが歩きやすかったかも・・・。


登ってきたところを見下ろします...
【08時07分】

登ってきたところを見下ろします。沢山のひとが登ってきます。ここに石を落とすわけにはいきませんよね・・・。


すぐに次の雪渓が見えてきました...
【08時17分】

すぐに次の雪渓が見えてきました。ここから山頂までは雪が切れることはありませんでした。


再びアイゼン装着。...
【08時23分】

再びアイゼン装着。


10分ほど休憩して再スタート。...
【08時30分】

10分ほど休憩して再スタート。


山小屋が見えるけど何合目だろ?...
【08時59分】

山小屋が見えるけど何合目だろ? いつもと違う角度と半分以上埋もれているせいでどこの山小屋か不明。

帰宅後調べてみると恐らく新七合目(御来光山荘)だと思う。


奥に見えるのが八合目の池田館か...
【08時59分】

奥に見えるのが八合目の池田館かな? どのみち山頂はまだまだだ・・・。


新七合目から1時間15分もかか...
【10時14分】

新七合目から1時間15分もかかって七合目(山口山荘)到着。いつもなら八合目で長めの休憩を取るけど、今日は睡魔がすごいのでここで30分ほど休憩する。


30分ほど休憩して頭もスッキリ...
【10時40分】

30分ほど休憩して頭もスッキリして再スタート・・・。するも10歩ほど登った所でUターン・・・。ここまでは好天及び雪面の照り返しで、FTのスキンメッシュと長袖のシャツだけでも暑いくらいだったけど、休憩して身体が冷えたのと、風が冷たくなったので、ここから冬ジャケットと手袋を装着する。んで、再びのスタート。


1時間程で八合目(池田館)到着...
【11時32分】

1時間程で八合目(池田館)到着。ここでも10分ほど休憩。


再びスタート。...
【11時41分】

再びスタート。


やっと山頂のゴール地点が見えて...
【12時13分】

やっと山頂のゴール地点が見えてきた。


ここは九合目なのか九合五勺なの...
【12時35分】

ここは九合目なのか九合五勺なのか不明。ここからペースが極端に落ちた。


山頂の鳥居が見えるのになかなか...
【14時12分】

山頂の鳥居が見えるのになかなか近づかない。


あとちょっと。...
【14時27分】

あとちょっと。


山頂! 五合目から7時間半もか...
【14時29分】

山頂! 五合目から7時間半もかかった・・・。山頂の稜線に出たら風が急に強くなった。


山頂にある山小屋は庇付近まで埋...
【14時32分】

山頂にある山小屋は庇付近まで埋もれていますね。


神社も屋根を残して埋まっていま...
【14時32分】

神社も屋根を残して埋まっています。


時間的にユックリも出来ないので...
【14時33分】

時間的にユックリも出来ないので剣ヶ峰を目指します。


馬ノ背直下。...
【14時46分】

馬ノ背直下。


山頂の稜線は雪面が固い所もある...
【14時46分】

山頂の稜線は雪面が固い所もあるので、ストックからピッケルに持ち替えます。ついでにヘルメットもかぶります。さぁ、あとひと登り!


馬ノ背というより白馬ノ背ですね...
【14時51分】

馬ノ背というより白馬ノ背ですね。いつもは急に感じますが、これまでの雪渓直登とアイゼンを付けているのでいつもより楽に登れます。とは言っても数歩歩いては呼吸を整えるために立ち止まっていますが・・・。


あとチョット!...
【15時04分】

あとチョット!


日本のテッペン到着。五合目から...
【15時05分】

日本のテッペン到着。五合目から約8時間かかりました。夏道での平均が約6時間30分なので、雪道とはいえチョットかかりすぎたかな〜? とは思いますが、まぁ、富士山を堪能したということで良しとしましょう。


山頂には3人の外人さんが食事中...
【15時06分】

山頂には3人の外人さんが食事中でしたが、お願いして写真を取ってもらいました。手を置いている山頂標は雪がなければ2mくらいありますが、今日は上に手が置けます。


本当のテッペンと言われていると...
【15時06分】

本当のテッペンと言われているところは雪が着いていませんでした。いつもなら足を掛けたりしますが、風も強くビビリなので、ちょっと離れています。


いつもなら山頂でカップ麺が定番...
【15時10分】

いつもなら山頂でカップ麺が定番ですが、今日はさすがにその時間は無いだろうと行動食しか持ってきていませんでした。テルモスに入れてきた熱々のミルクティーを水筒に移し替えて(あっという間に冷めていく)カルパスを齧って食事代わりにします。


もう少しノンビリしたかったけど...
【15時16分】

もう少しノンビリしたかったけど、時間が時間なので下山開始です。


さぁ、下るぞ〜!...
【15時29分】

さぁ、下るぞ〜!


余裕で鳥居の上の横木に触れそう...
【15時32分】

余裕で鳥居の上の横木に触れそうだけど、バチが当たりそうなので見るだけ・・・。


さぁ、ここからが本格的に下山開...
【15時32分】

さぁ、ここからが本格的に下山開始。奥の鳥居辺りまで下ると風は収まる。


これから下るルートを見下ろす・...
【15時33分】

これから下るルートを見下ろす・・・。


危険な所は歩いたけど、滑れる所...
【15時57分】

危険な所は歩いたけど、滑れる所は尻セードで一気に下る。

今日は尻セード出来ないと思っていたのでヒップソリを持ってこなかったことを後悔。おかげで途中で立ち上がって見たらおしりのポケットが破れていた。それ以降はなるべくスピードを制御して滑る。


新七合目かな?...
【16時38分】

新七合目かな?


眼下に駐車場が見えてきた。...
【16時39分】

眼下に駐車場が見えてきた。


でも、まだ宝永山より少し高いか...
【16時40分】

でも、まだ宝永山より少し高いかな?


ふと気付けば下に誰もいない・・...
【16時51分】

ふと気付けば下に誰もいない・・・。


振り返って見上げても誰もいない...
【16時51分】

振り返って見上げても誰もいない・・・。う〜む、それほど遅い時間でもないと思うんだけどな・・・。


六合目まであと少し。ふと気付け...
【16時56分】

六合目まであと少し。ふと気付けば登ってきた時はここを通ってないよな〜・・・。でも、ここまでくればどこをどう通ろうが五合目には戻れるからあまり気にしない。


ここからは夏ルートを通ります。...
【17時03分】

ここからは夏ルートを通ります。もう少しするとここにも入山禁止のゲートが出来ると思いますが、いまはありません。


当たり前ですが、山小屋も閉まっ...
【17時04分】

当たり前ですが、山小屋も閉まっています。雪が無いのでアイゼンを外そうかと思いましたが、最後の雪渓があるので、そのまま進みます。アイゼン痛むだろうな〜・・・。


案の定最後の雪渓がありました。...
【17時07分】

案の定最後の雪渓がありました。


ここを下ればゴールです。ハッキ...
【17時10分】

ここを下ればゴールです。ハッキリ言ってアイゼンは必要なかったかも・・・。


もう少し・・・。雪が終わったと...
【17時16分】

もう少し・・・。雪が終わったところでアイゼンを外していたら、上部の雪の状態を尋ねる人がいました。近々登るんですかね。無事の登頂をお祈りします。


アイゼンを外した所から車までは...
【17時19分】

アイゼンを外した所から車まではほんの1分ほどの距離でゴールです。下りは2時間弱でしたね・・・。


車に戻って片付けていると、ザッ...
【17時22分】

車に戻って片付けていると、ザックのウェストベルトの内側に尻セードのおみやげが残っていました・・・。


 ルート図

ルート図

 鳥瞰図

鳥瞰図

 断面図

コース断面図

 このページのルート図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、数値地図50000 (地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び電子地形図25000を複製したものである。 (承認番号 平25情複、 第571号)

 このページの鳥瞰図、コース断面図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の基盤地図情報を使用した。 (承認番号 平25情使、 第583号)

 また、これらの承認を得て作成した成果品を第三者がさらに複製又は使用する場合には、国土地理院の長の承認を得る必要があります。

 スポンサー