辺室山とカモシカさん

投稿日:2016年04月15日(金)

最初の目的は(大山)三峰山でした。この地域は丹沢の中でも特にヒルが多く生息する場所の1つで、これ以上季節が進むと洒落にならないから3月中に登ってしまえ! と計画していましたが、結局都合がつかずに4月に入ってからの計画となりました。

しかし、この時期仕事が忙しく、諸々の用事と重なって連日の寝不足がたたり、寝坊し、予定より2時間遅れでのスタートになってしまいました。でも、結局はこの2時間遅れが幸運のカギになったりしたんですが・・・。

トレッキングデータ

| 山行日2016年04月09日(土)【日帰り
| コース(スタート)大棚沢広場〜土山峠~辺室山~唐沢林道〜伊勢原津久井線〜土山峠〜大棚沢広場(ゴール)
| 山 名辺室山(644m) | 歩行距離12.310km
| 所要時間03時間56分| 累積標高(+)735m

トレッキング

予定では6時にはスタートするは...
【08時09分】

予定では6時にはスタートするはずだったけど、気付いたらこんな時間に・・・。


湖面が静かだね〜。...
【08時09分】

湖面が静かだね〜。


まずは土山峠に向かいます。...
【08時10分】

まずは土山峠に向かいます。


ちょっと見にくいけど只今の温度...
【08時19分】

ちょっと見にくいけど只今の温度は13℃。


宮ヶ瀬湖畔ではまだサクラは満開...
【08時23分】

宮ヶ瀬湖畔ではまだサクラは満開だね・・・。今年は咲いている期間が長いような気がする・・・。


そう言えば、辺室山って山らしい...
【08時29分】

そう言えば、辺室山って山らしい姿を見たことが無かったけど、右のピークが辺室山かな?


土山峠到着、とほぼ同時にバスも...
【08時34分】

土山峠到着、とほぼ同時にバスも着いて何人かの登山者を吐き出しているところだった・・・。


団体さんに巻き込まれる前に、登...
【08時35分】

団体さんに巻き込まれる前に、登山開始。でも、結局前後に挟まれるような感じで辺室山山頂まで歩くことになる。その山頂までのコースタイムは1時間。

ちなみにこの地点では(大山)三峰山まで行くつもりでいた。


山の神その1。...
【08時42分】

山の神その1。


山の神その2。...
【08時43分】

山の神その2。


半分通過。...
【09時02分】

半分通過。


山頂直下の緩やかで広い尾根を進...
【09時18分】

山頂直下の緩やかで広い尾根を進み・・・


・・・ちょっと登ると・・・...
【09時28分】

・・・ちょっと登ると・・・


辺室山到着。土山峠から約55分...
【09時29分】

辺室山到着。土山峠から約55分。ほぼコースタイム通り。まだまだ足の違和感が無くなっていないので、まずまずのペースだろう・・・。

数分休憩して三峰山に向かおうとしたら尾根を間違って下ってしまった・・・。まぁ、すぐに気が付いて正規ルートに戻ったけど、ここで心がポッキリ折れて三峰山は諦めた。厳密に言うと、行く気は全然あったんだけど、心のどこかでエスケープしろって声が聴こえる。こういう場合は素直に心の声に従うことにしている。そのせいで過去に何度か不思議な体験をしている・・・。本人は霊感とかって全然無縁の人なんだけどね・・・。


辺室山山頂 – Spherical Image – RICOH THETA

とりあえず物見峠方面に下って、...
【09時45分】

とりあえず物見峠方面に下って、最低鞍部から分岐しているエスケープルートで下ることにした。


最低鞍部にある道標の裏からエス...
【09時45分】

最低鞍部にある道標の裏からエスケープルートは続いている。入口にはピンクテープが見える。


しばらくは崩壊しかけた斜面をト...
【09時46分】

しばらくは崩壊しかけた斜面をトラバースする。歩く人も少ないのだろう。自然の斜面に帰りつつある。


特に一部では完全に道が無くなっ...
【09時49分】

特に一部では完全に道が無くなってただの斜面になっている所もある。そのままでは危険で進めないので、腰を降ろして一段滑り降り、なんとか通れる所を探して無事通過出来た。最後の2歩はダッシュだった・・・。写真は無事通れた後に振り返って撮っているけど、状況は全然わかんないね・・・。とりあえず、このルートは廃道になったと思うことにした。山頂から間違って下ってしまった尾根を下ると、このルートの少し先で合流していると思われるので次回はそのルートを探してみよう・・・。


小さい尾根の上に出た。この尾根...
【09時52分】

小さい尾根の上に出た。この尾根を登って行っても山頂に行けると思う。


木の階段もある。林業者用なのか...
【09時53分】

木の階段もある。林業者用なのか? 


鞍部から15分ほどで唐沢林道に...
【10時00分】

鞍部から15分ほどで唐沢林道に出た。


あとは林道をのんびり下るだけ・...
【10時00分】

あとは林道をのんびり下るだけ・・・。途中でチャリダーの人とすれ違った・・・。


うわっ! 車が落ちている・・・...
【10時19分】

うわっ! 車が落ちている・・・。落ちたのか? 落としたのか?


林道をタラタラ歩いていたら、左...
【10時22分】

林道をタラタラ歩いていたら、左側の崖で大きな音がした。そして何かが動いたのが見えた。一瞬、イノシシか? って思ったけど、崖の途中にとどまってじっとコチラの様子を伺っている。イノシシなら一目散に逃げるのでイノシシじゃないぞ、と思いソロソロと近づいてみたら・・・


・・・あっ! カモシカさんだ!...
【10時22分】

・・・あっ! カモシカさんだ! 話では丹沢にもカモシカがいるって聞いてはいたけど、10年通って実際に見たのは初めてだ。


てっきり、いても西丹沢の方にい...
【10時23分】

てっきり、いても西丹沢の方にいるもんだと思っていたけど、東丹沢のしかもこんなに村に近い所にいるなんて・・・。


カモシカさんはしばらく人間観察...
【10時23分】

カモシカさんはしばらく人間観察をしたあとにゆっくりと向こうに歩いて行った。真ん中の黒いのがカモシカさんだけど、この写真だけ見たら絶対熊に見えるよな〜。

結果論的に言えば、三峰山に行かなくて良かった・・・って事だね・・・。素直に心の声に従っておいて良かった・・・。


文字通りの鮮やかな山吹色。...
【10時39分】

文字通りの鮮やかな山吹色。


ヤマブキ – Spherical Image – RICOH THETA

おっ! 展望が開けた!...
【10時40分】

おっ! 展望が開けた!


ズームイン! 煤ヶ谷が小さな箱...
【10時42分】

ズームイン! 煤ヶ谷が小さな箱庭みたいだ・・・。


ん? 通行止? こんなところで...
【10時44分】

ん? 通行止? こんなところで?


何々、唐沢林道 崩壊のおそれあ...
【10時44分】

何々、唐沢林道 崩壊のおそれあり・・・。え? どゆこと?


こっちは崖側、特に変わった所は...
【10時44分】

こっちは崖側、特に変わった所は無さそうだけど・・・


・・・こっちは道路側・・・あっ...
【10時44分】

・・・こっちは道路側・・・あっ! 道路が陥没している。ガードレールの下の土台を見ると一目稜線。奥の方はガードレールの土台と道路面は同じ高さになっているけど、手前は道路面が20cmくらい下がっている。確かに車で通るのは危ないな・・・。なので、左の崖側を素早く通り抜けた。まぁ、崖側も落石の危険が多々あるけど・・・。


苔!...
【10時52分】

苔!


苔壁!...
【11時01分】

苔壁!


杉の実・・・。...
【11時05分】

杉の実・・・。


桜がキレイ。...
【11時11分】

桜がキレイ。


ゲートを越える。...
【11時17分】

ゲートを越える。


ここからは一般道になる。でも、...
【11時19分】

ここからは一般道になる。でも、左側は歩道が無いので・・・


・・・右側に移動。ここから土山...
【11時19分】

・・・右側に移動。ここから土山峠まで緩やかな登りが続く。


右に上がって行くと仏果山や経ヶ...
【11時34分】

右に上がって行くと仏果山や経ヶ岳にいける。


土山峠到着。登りはここまで、あ...
【11時36分】

土山峠到着。登りはここまで、あとは平坦な道を進む。


今回のコースで唯一1本だけ咲い...
【11時38分】

今回のコースで唯一1本だけ咲いていたミツバツツジ。


そう言えば今年は近所の桜祭りに...
【11時48分】

そう言えば今年は近所の桜祭りに行けなかったなぁ・・・。


まさにピークですね・・・。...
【11時51分】

まさにピークですね・・・。


先程から暑いなぁ、とは思ってい...
【11時53分】

先程から暑いなぁ、とは思っていたけど、19℃もあるとは・・・。でも、湖面を渡る風はまだまだ冷たいので、火照った身体に気持ちいい。


仏果山への登山口を過ぎると・・...
【12時01分】

仏果山への登山口を過ぎると・・・


・・・ゴール! お疲れ様でした...
【12時03分】

・・・ゴール! お疲れ様でした。車が一杯になっている・・・珍しい・・・。

歩き足りない感はあるものの、カモシカさんにも会えたし、結果オーライだね・・・。


 ルート図

ルート図

 鳥瞰図

鳥瞰図

 断面図

コース断面図

 このページのルート図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、数値地図50000 (地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び電子地形図25000を複製したものである。 (承認番号 平25情複、 第571号)

 このページの鳥瞰図、コース断面図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の基盤地図情報を使用した。 (承認番号 平25情使、 第583号)

 また、これらの承認を得て作成した成果品を第三者がさらに複製又は使用する場合には、国土地理院の長の承認を得る必要があります。

 前後の記事へのリンク

後の記事 → 
今の記事 → 2016年4月15日 辺室山とカモシカさん
前の記事 → 

 スポンサー