梅雨の合間の検見ヶ丸へ

投稿日:2015年06月13日(土)

今年はなるべく過去に登った山は登らないようにしよう、と決めていました。なので、ギリギリまで登る山が決まらない時は結局いつもの所、となるわけだけど、今回はギリギリまで登山地図とニラメッコして、道志にある検見ヶ丸に登ってきました。

地形がシンプルなので、地図さえあれば何とかなりそうだけど、念の為尾根への取付きだけは調べておきました・・・。

トレッキングデータ

| 山行日2015年06月13日(土)【日帰り
| コース(スタート)道志の湯上部駐車場〜道志中学校〜831mピーク〜検見ヶ丸~910mピーク〜越路林道〜室久保林道〜的様〜道志の湯上部駐車場(ゴール)
| 山 名検見ヶ丸(926m) | 歩行距離10.886km
| 所要時間03時間57分| 累積標高(+)593m

トレッキング

道志みち(国道413号線)から...
【07時52分】

道志みち(国道413号線)から入って「道志の湯」を少し先に進むと加入道山への登山口の手前に駐車場がある。そこに駐車してスタートです。


まずは来た道を戻る。...
【07時53分】

まずは来た道を戻る。


「道志の湯」の前にあるトイレ。...
【07時57分】

「道志の湯」の前にあるトイレ。


んで、こっちが「道志の湯」。い...
【07時58分】

んで、こっちが「道志の湯」。いつも思うんだが、この看板と道志の湯の建物を一緒に撮影することが出来ないんだよな・・・。どうでもいいけど・・・。


しばらくはそこそこ車が通る車道...
【07時59分】

しばらくはそこそこ車が通る車道を進む。


左の斜面に何か群生している・・...
【08時08分】

左の斜面に何か群生している・・・。


変な形の花・・・。調べてみたら...
【08時09分】

変な形の花・・・。調べてみたら「ユキノシタ」だった。名前は聞いたことはあるけど、実際に見るのは初めて・・・。


日本の風景だね〜。...
【08時11分】

日本の風景だね〜。


まっすぐ進むと国道413号線。...
【08時12分】

まっすぐ進むと国道413号線。ここを左に曲がって少し進むと・・・


・・・道志中学校がある。...
【08時15分】

・・・道志中学校がある。


その真正面から取り付く。...
【08時15分】

その真正面から取り付く。


お地蔵さんが中学校を見守ってい...
【08時16分】

お地蔵さんが中学校を見守っていた。


二段登るとチョット開けた所に出...
【08時17分】

二段登るとチョット開けた所に出る。


栗の花が満開ですね。...
【08時18分】

栗の花が満開ですね。


栗の木をくぐるとすぐに車道があ...
【08時18分】

栗の木をくぐるとすぐに車道がある。中学校の前の道と繋がっているのかな? だったら普通に中学校の前の道をまっすぐ進んでも良かったのか?


とりあえず取り付けそうな場所を...
【08時19分】

とりあえず取り付けそうな場所を探す。


道なりに進んで民家の横から取り...
【08時20分】

道なりに進んで民家の横から取り付けそうな所があったので進んでみる・・・と・・・


・・・チョット開けた所に出た。...
【08時21分】

・・・チョット開けた所に出た。ここからなら緩やかに尾根に取り付けそうだけど、よく見ると鹿柵が一面に設置されている。ドアも見当たらないのでここからは無理だ・


引き返す。...
【08時22分】

引き返す。


来た時は右側、戻ってきたので左...
【08時22分】

来た時は右側、戻ってきたので左側に壁が切れている所があったので覗いてみると・・・


・・・正面に扉が見える。ここか...
【08時22分】

・・・正面に扉が見える。ここからなら尾根に取り付けそうだ・・・。


でも、カギが掛かっていたら無理...
【08時22分】

でも、カギが掛かっていたら無理だよな〜と、近づいてみる。カギは掛かっていない、手で簡単に開けられる。


よし、ここをよじ登れば尾根の稜...
【08時24分】

よし、ここをよじ登れば尾根の稜線に取り付けそうだ・・・。


登り始めてしばらくすると暑くな...
【08時32分】

登り始めてしばらくすると暑くなってきたのでウィンドブレーカーを脱ぐ。ここからはストックを使用する。普段は登りではあまり使わないけど、足場が柔らかく不安定なのと、そこそこ急なので2本足より4本足の方が安定する。


とりあえず一番近くの稜線に向か...
【08時33分】

とりあえず一番近くの稜線に向かって登る。


こっちは登ってきた所を見下ろし...
【08時42分】

こっちは登ってきた所を見下ろしている。


鹿柵を越えて20分程で尾根の上...
【08時44分】

鹿柵を越えて20分程で尾根の上に出た。


何となく踏み跡もある。...
【08時46分】

何となく踏み跡もある。


ずっと植林地を歩いてきたけど、...
【08時47分】

ずっと植林地を歩いてきたけど、一部広葉樹林がある。


新緑のブナの葉っぱがキレイ。...
【08時52分】

新緑のブナの葉っぱがキレイ。


あれ? 何かあるぞ? とカメラ...
【08時56分】

あれ? 何かあるぞ? とカメラを出そうとしたら、看板の向こうを1頭の鹿が左から右に走り去っていった。もう少し早くカメラを出していれば撮れていたのに・・・。


ふむ、ルートは間違っていない。...
【08時56分】

ふむ、ルートは間違っていない。このコースで唯一の「検見ヶ丸」の文字。山頂にさえその文字は無い。


こっちは反対側から見たところ・...
【08時57分】

こっちは反対側から見たところ・・・。誰に向かってPRしてるんだ?


恐らく看板が831mのピークの...
【09時00分】

恐らく看板が831mのピークの目印だと思うけど、周りを見渡すともう少し先に進んだ所にピークがある。この辺が真の831mのピークか?


むしろこっちの立派なアカマツが...
【09時01分】

むしろこっちの立派なアカマツがピークの目印でしょ。


次のピークまでは広くて気持ちの...
【09時04分】

次のピークまでは広くて気持ちの良い尾根を進む。


こっちのアカマツも立派だね。...
【09時05分】

こっちのアカマツも立派だね。


松ぼっくり。前日の雨の為かすべ...
【09時05分】

松ぼっくり。前日の雨の為かすべて傘が閉じてる。


うおっ! 何だこれ?...
【09時07分】

うおっ! 何だこれ?


ほんとに気持ちの良い尾根だね〜...
【09時08分】

ほんとに気持ちの良い尾根だね〜。


再び植林地に突入したので、林床...
【09時11分】

再び植林地に突入したので、林床は杉の葉っぱで覆い尽くされている。おかげでフカフカして気持ちいい。


杉の葉っぱの新芽は淡い緑をして...
【09時13分】

杉の葉っぱの新芽は淡い緑をしている。触ってもチクチクしない。


イタヤカエデの仲間かな? 切れ...
【09時14分】

イタヤカエデの仲間かな? 切れ込みが深いね。


もう一つのピーク。831のピー...
【09時15分】

もう一つのピーク。831のピークから15分掛かったけど、普通の人なら10分は掛からないだろう。あまりにも気持ちいい尾根だったのでアッチコッチ寄り道していた・・・。


このルート、尾根が広いのでしば...
【09時18分】

このルート、尾根が広いのでしばしばどっちに進むのか分からなくことがある。そんな時は地図&コンパス(今回は腕時計に付いているものを使用)の登場。地形がシンプルなのでザックリ方角がわかれば迷うことは無いと思うけど。あくまでも地図読みが出来ることが大前提・・・。


無名のピークからチョット急な斜...
【09時18分】

無名のピークからチョット急な斜面を下る。


一応、下る所に古びたマーカーの...
【09時18分】

一応、下る所に古びたマーカーのようなものがある。このルートで見た唯一の意味のありそうなマーカー・・・。林業屋さんや測量屋さんのマーカーは結構見るんだけど・・・。


無名のピークから2分ほど下った...
【09時20分】

無名のピークから2分ほど下った所に道がある??? 地図にこんなものは無いぞ???


「里山案内図」とあるも、誰に何...
【09時20分】

「里山案内図」とあるも、誰に何の案内をしているのか不明・・・。


こっちが北側。...
【09時21分】

こっちが北側。


こっちは南側。方角的にみるとコ...
【09時21分】

こっちは南側。方角的にみるとコッチ側に進むのが正解。

車が通れそうな(実際に通っていると思う)道を進むのは違うだろうから、右側の斜面に取り付く。まっすぐ登れないこともないけど、数メートル北側から登ると・・・


・・・簡単に取り付ける。ここか...
【09時25分】

・・・簡単に取り付ける。

ここからひたすら真っすぐな急登が続く。


10分ほどヒーヒー登ると、目の...
【09時33分】

10分ほどヒーヒー登ると、目の前が急に開ける。


何だここは? と思ったら・・・...
【09時33分】

何だここは? と思ったら・・・


・・・そこが検見ヶ丸山頂だった...
【09時34分】

・・・そこが検見ヶ丸山頂だった。草や木が多く特に展望も無い。葉っぱが無い季節ならもう少し展望がありそう・・・。


検見ヶ丸 – Spherical Image – RICOH THETA

三角点のそばにあるもう一つの杭...
【09時34分】

三角点のそばにあるもう一つの杭。


山頂に見慣れないものが・・・葉...
【09時35分】

山頂に見慣れないものが・・・葉っぱや樹皮はキリに似ているけど・・・。


中は何も無い・・・。...
【09時35分】

中は何も無い・・・。


おっ! こっちは中身が残ってい...
【09時37分】

おっ! こっちは中身が残っていた。

大きな茶色の物も入っているが、恐らく・・・


・・・コッチが種。羽が付いてい...
【09時39分】

・・・コッチが種。羽が付いているので風で遠くまで飛ぶようになっている。

自宅に帰ってからちゃんと調べました。やっぱりキリですね。家の近所の公園にもある(葉っぱは直径60cmくらいになる)けど種を見るのは初めてです。手元の植物図鑑では「野生のものはほとんどない」と書かれているけど、これは野生のものなのか? 確かに山中ではあまり見た記憶がないよな・・・。

珍しいものを見たな〜って思っていたら、何気に視線を感じる・・・


・・・視線を感じる方を見たら・...
【09時41分】

・・・視線を感じる方を見たら・・・。目がいっぱい・・・。一瞬、ビクッとした・・・。


いい天気だね〜。...
【09時41分】

いい天気だね〜。


山頂に10分ほど滞在して下山開...
【09時43分】

山頂に10分ほど滞在して下山開始。


野生のバラかな?...
【09時44分】

野生のバラかな?


下り始めたら急に暗くなった。天...
【09時45分】

下り始めたら急に暗くなった。天気が崩れたとか、雲が出てきたとかじゃなくて、森自体が暗く湿ったような感じがする。


無名の小さいピークを過ぎたら・...
【09時49分】

無名の小さいピークを過ぎたら・・・


・・・あれ? また地図にない林...
【09時50分】

・・・あれ? また地図にない林道がある。


尾根上を削って道が付けられてい...
【09時53分】

尾根上を削って道が付けられているようなので、しばらくは林道を歩く。何度地図を見てもこの道は書かれてはいない・・・。

林道の先がどうなっているかはわからないけど、とりあえず、右の斜面に取り付く。


林道は少し先で行き止まっていた...
【09時54分】

林道は少し先で行き止まっていた。


行き止まった上から見下ろした所...
【09時55分】

行き止まった上から見下ろした所。


ここが910mのピーク。...
【09時56分】

ここが910mのピーク。


モミジの赤ちゃん。...
【09時57分】

モミジの赤ちゃん。


分かりづらいいけど、踏跡が直進...
【10時04分】

分かりづらいいけど、踏跡が直進と右に分かれている。地図で確認するとすぐ右側を林道が通っている。と言うわけで右に進む。


変なものが見える! って思った...
【10時05分】

変なものが見える! って思ったらコーナーミラーだ。でも、ここからだとまだ林道は見えない。


近づいて行くと林道が確認出来た...
【10時06分】

近づいて行くと林道が確認出来た。ここが恋路峠なのか?


恋路峠 – Spherical Image – RICOH THETA

林道を挟んでほぼ正面に踏み跡が...
【10時08分】

林道を挟んでほぼ正面に踏み跡が続いていた。鳥ノ胸山(とんのむねやま)に向かうと思われる。時間も早いし寄っていこうかと地図で確認すると、面倒そうなのでパス。


あとは長い林道歩き・・・。...
【10時09分】

あとは長い林道歩き・・・。


道が崩れているところがある。...
【10時12分】

道が崩れているところがある。


ふと、右の斜面の上の方が気にな...
【10時19分】

ふと、右の斜面の上の方が気になり、登山道も無ければ、踏み跡も無い斜面を登り初めた。自分でも何でかはわからないけど、やたら尾根の上が気になった。


稜線が近づくに連れ、白い棒状の...
【10時21分】

稜線が近づくに連れ、白い棒状のものが目に入った・・・。かなり広範囲に散乱している。上の2つは背骨でしょうか?


もう少し登って稜線に出たら、ど...
【10時22分】

もう少し登って稜線に出たら、どーんと目に飛び込んできた。鹿さんですね。彼が自分はここにいるよ、と私を呼んだんでしょうか?

とは言っても私には何も出来ないので、静かに手を合わせてその場を去った・・・。


尾根の反対側に下って先ほど通っ...
【10時23分】

尾根の反対側に下って先ほど通った林道に出る。


ちょうどこの右上に彼はいた。...
【10時24分】

ちょうどこの右上に彼はいた。


もう一度見上げる。普段ならこん...
【10時25分】

もう一度見上げる。普段ならこんな所登らないよね・・・。


沢を越える。この沢は地図にある...
【10時27分】

沢を越える。この沢は地図にある。


水がキレイ・・・。...
【10時27分】

水がキレイ・・・。


沢を渡ってすぐに東屋がある。な...
【10時27分】

沢を渡ってすぐに東屋がある。なぜこんな所に・・・。


東屋の奥にはベンチもある。なぜ...
【10時28分】

東屋の奥にはベンチもある。なぜこんな所に・・・。

確かに目の前にキレイな沢が流れているけど・・・。


屋根も腐っている。...
【10時28分】

屋根も腐っている。


ここからは緩やかな登り。...
【10時28分】

ここからは緩やかな登り。


もう少し苔が多かったら、屋久島...
【10時31分】

もう少し苔が多かったら、屋久島? と言えなくはなさそう・・・。


色々なものに見える木。さぁ、あ...
【10時33分】

色々なものに見える木。さぁ、あなたは何に見えますか?


地図で確認すると林道はこの先で...
【10時38分】

地図で確認すると林道はこの先で大きく手前に引き返してくるので、斜面をよじ登ってショートカットした。


ビックリした〜・・・。...
【10時43分】

ビックリした〜・・・。


ゲート?...
【10時45分】

ゲート?


反対側から見たところ。...
【10時45分】

反対側から見たところ。


あれ? またゲートだ・・・。...
【10時53分】

あれ? またゲートだ・・・。


広い所に出た。...
【10時53分】

広い所に出た。


ここから出てきた。...
【10時53分】

ここから出てきた。


広くなったところの奥にオフロー...
【10時54分】

広くなったところの奥にオフロードバイクのコースのようなものがある。何だここは?


林道の説明板。...
【10時56分】

林道の説明板。


丁字路に出た。...
【10時57分】

丁字路に出た。


右には橅の森チャンプ状がある。...
【10時57分】

右には橅の森チャンプ状がある。


ここからは何度か歩いた道・・・...
【10時57分】

ここからは何度か歩いた道・・・。


単調な林道歩きに飽きた・・・。...
【11時26分】

単調な林道歩きに飽きた・・・。


ここには的様がある。...
【11時28分】

ここには的様がある。


斜面を下ると・・・...
【11時29分】

斜面を下ると・・・


・・・あれが的様。文字通り川底...
【11時29分】

・・・あれが的様。文字通り川底に弓矢の的のようなものがある。


祠もある。...
【11時30分】

祠もある。


的様のすぐ下流は滝になっていて...
【11時31分】

的様のすぐ下流は滝になっていて、以前は回りこんで下まで行けたけど、階段が途中で無くなっていて降りれなくなっていた。


なので途中からパチリ。...
【11時31分】

なので途中からパチリ。


以前来た時は水が流れていたけど...
【11時34分】

以前来た時は水が流れていたけど、水は止められていた・・・。ここで水を補給しようと思っていたけど、残念。まぁ、ゴールは近いので困ることは無いけど・・・。


田植えは終わったようですね・・...
【11時38分】

田植えは終わったようですね・・・。


この橋を渡って右に進んで・・・...
【11時43分】

この橋を渡って右に進んで・・・


・・・もう一回右に曲がると・・...
【11時48分】

・・・もう一回右に曲がると・・・


・・・ゴール・・・お疲れ様でし...
【11時49分】

・・・ゴール・・・お疲れ様でした・・・。とは言うもののチョット歩き足りないかな・・・。まぁ、まだ体調が万全じゃないから無理はしない、無理はしなし・・・。


 ルート図

ルート図

 鳥瞰図

鳥瞰図

 断面図

コース断面図

 このページのルート図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、数値地図50000 (地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び電子地形図25000を複製したものである。 (承認番号 平25情複、 第571号)

 このページの鳥瞰図、コース断面図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の基盤地図情報を使用した。 (承認番号 平25情使、 第583号)

 また、これらの承認を得て作成した成果品を第三者がさらに複製又は使用する場合には、国土地理院の長の承認を得る必要があります。

 前後の記事へのリンク

後の記事 → 
今の記事 → 2015年6月13日 梅雨の合間の検見ヶ丸へ
前の記事 → 

 スポンサー