塩の道トレイルをスルーハイク 14/20

投稿日:2016年06月25日(土)

4日目ラストです。ここでは天神道コースの入口から葛葉峠を目指します。約6kmの距離です。最初はユルユルと上って、一度姫川まで下り、再び葛葉峠へ上り返します。途中で新潟県に入ります。

トレッキングデータ

| 山行日2016年04月29日(金)〜05月04日(水)【テント泊
| コース【1日目】牛つなぎ石(松本)〜アルプス公園〜あづみの橋〜穂高神社〜かじかの里公園キャンプ場
【2日目】かじかの里公園キャンプ場〜木崎湖〜中綱湖〜青木湖〜北村キャンプ場
【3日目】北村キャンプ場〜道の駅白馬〜ホテルメリベル栂池(栂池高原)
【4日目】ホテルメリベル栂池(栂池高原)〜千国越えコース〜石坂越えコース〜道の駅小谷〜葛葉峠
【5日目】葛葉峠〜天神道越えコース〜大網峠越えコース〜塩の道(東まわりコース)〜道路元標(糸魚川)
| 山 名 | 歩行距離【1日目】23.263km
【2日目】36.330km
【3日目】20.483km
【4日目】26.660km
【5日目】30.362km
【合 計】137.098km
| 所要時間【1日目】06時間12分
【2日目】09時間04分
【3日目】07時間04分
【4日目】10時間03分
【5日目】11時間07分
【合 計】43時間30分
| 累積標高【1日目】(+)363m(-)415m
【2日目】(+)795m(-)504m
【3日目】(+)396m(-)423m
【4日目】(+)1,272m(-)1,633m
【5日目】(+)1,383m(-)1,817m
【合 計】(+)4,209m(-)4,792m

現在地


塩の道トレイル4日目

ここから天神道に入ります。「ゆ...
【13時13分】

ここから天神道に入ります。「ゆっくり歩いて2時間」とありますが、えっ? えっ? どこまで? 湯原方面とは書いているけど、地元の人間じゃない私には湯原が何処か分からん。地図を見てもどうも要領を得ない。というわけで、このコースタイムはあまり気にしないことにした。


熊の文字が・・・。...
【13時14分】

熊の文字が・・・。


こんな所を入っていく。...
【13時15分】

こんな所を入っていく。


分かりづらいけど、道なりのまっ...
【13時18分】

分かりづらいけど、道なりのまっすぐと、右に曲がる分岐がある。


右に曲がる方はこんな道。上の写...
【13時18分】

右に曲がる方はこんな道。上の写真を見る限り、真っ直ぐ方向の薄い踏跡より、こっちの方がメインに見える。なので、右に曲がって進む。


うっ! 行き止まった・・・。周...
【13時19分】

うっ! 行き止まった・・・。周りを見てもこれ以上進めるようには見えない。仕方ないので引き返し・・・


・・・分岐まで戻る。今度はここ...
【13時20分】

・・・分岐まで戻る。今度はここを右に曲がる。つまり天神道に入ってから真っ直ぐ進むことになる。帰宅後、写真を見て気が付いたけど【13時15分】の写真の左端の道標に「城の越 1.3K」と書いてある。矢印も消えかかってはいるけど、真っ直ぐを向いていた。ちゃんと見ろ! オレ!


あっ! 道標があった。...
【13時21分】

あっ! 道標があった。


踏み跡もしっかりしてきた。...
【13時21分】

踏み跡もしっかりしてきた。


真っ直ぐ登ってきて、ここを右手...
【13時23分】

真っ直ぐ登ってきて、ここを右手前に曲がる。というか道なりに進む。


初めからこのくらい踏み跡がしっ...
【13時26分】

初めからこのくらい踏み跡がしっかりしていたら間違えなかったのに・・・。


石仏群・・・...
【13時29分】

石仏群・・・


・・・唐沢の庚申塚。ここは公式...
【13時29分】

・・・唐沢の庚申塚。ここは公式マップに書かれていない。ちなみに、千国の資料館で貰った地図(以下、チラシ地図)には書いてある。先ほど間違った所の詳細図も載っている。塩の道の核心部を歩く場合はコッチのチラシ地図を手に入れておくことを強くお勧めします。


緩やかになった・・・。...
【13時31分】

緩やかになった・・・。


手作り感いっぱいの道標。...
【13時34分】

手作り感いっぱいの道標。


この辺りは道標が比較的多いので...
【13時37分】

この辺りは道標が比較的多いので迷うことはない。


ん? ちょっと開けた所に出たぞ...
【13時48分】

ん? ちょっと開けた所に出たぞ。


ここが「城の越」。ベンチもある...
【13時48分】

ここが「城の越」。ベンチもあるので休憩ポイントにオススメです。


三峰様の文字が見える。チラシ地...
【13時48分】

三峰様の文字が見える。チラシ地図には近くに大日如来があると書かれているが、確認出来なかった・・・。


あっ! 水場がある。水量はかな...
【13時48分】

あっ! 水場がある。水量はかなり少ないけど、時間を掛けて水筒を一杯に満たした。


茶屋跡とある。なるほど、水場が...
【13時51分】

茶屋跡とある。なるほど、水場があるわけか・・・。


決して適地とは言えないけど、万...
【13時51分】

決して適地とは言えないけど、万が一の時はここでテント張れそうだな・・・。


ここからは脇道のような所に入り...
【13時51分】

ここからは脇道のような所に入り・・・


・・・チョット道幅が狭くなりま...
【13時53分】

・・・チョット道幅が狭くなります。


相変わらず道標は多い。...
【13時55分】

相変わらず道標は多い。


あっ! ニリンソウだ・・・? ...
【13時55分】

あっ! ニリンソウだ・・・? ニリンソウだよね・・・? ここのニリンソウは面白い。普通は2つの花が寄り添うように付いているんだけど、咲いているのは1本だけで、もう1本はまだ蕾だ。


危険な所にはトラロープが張って...
【13時59分】

危険な所にはトラロープが張ってある。


小さな沢がある。チラシ地図に水...
【14時07分】

小さな沢がある。チラシ地図に水場のマークがあるけど、この辺りにあったのか? 気が付かなかった・・・。


砂山の石仏。...
【14時12分】

砂山の石仏。


やがてルートは沢にぶつかる。上...
【14時18分】

やがてルートは沢にぶつかる。上流方向に橋が見えるので、そちらに向かう。


橋を渡る。...
【14時19分】

橋を渡る。


うっ! この橋、所々木が落ちて...
【14時20分】

うっ! この橋、所々木が落ちていて、下が見える。それほど高さは無いけど、ちょっとドキドキ・・・。


沢を渡った所にテントを張れそう...
【14時20分】

沢を渡った所にテントを張れそうな場所が・・・って思ったけど、ちょっと斜めっているし、沢の側なので増水時などは危険だね・・・。ここは止めておいたほうがよさそうだ・・・。


この辺りまでは車が入って来られ...
【14時21分】

この辺りまでは車が入って来られるんだ・・・。


ん? 沢の対岸に何かある?...
【14時25分】

ん? 沢の対岸に何かある?


ズームイン! あっ! 石仏群だ...
【14時25分】

ズームイン! あっ! 石仏群だ。昔は沢の向こう側にルートがあったんだね・・・。


おっ! 国道が見えてきた。...
【14時26分】

おっ! 国道が見えてきた。


ふむふむ。なるほど、赤い破線が...
【14時27分】

ふむふむ。なるほど、赤い破線が塩の道か・・・。 あれ? 国道にぶつかった所で塩の道が切れてる。


国道に出た。...
【14時27分】

国道に出た。


ふむふむ。こっちは茶色の線が塩...
【14時28分】

ふむふむ。こっちは茶色の線が塩の道か・・・。って今見て思ったけど、実際に歩いている時はちゃんと確認していなかった・・・。


とりあえず、国道に出て左折(新...
【14時29分】

とりあえず、国道に出て左折(新潟側)する。ここで道を間違える。画面中央の分岐を右折するのが正解なのだが、道標らしきものは確認出来なかったでのそのまま国道を進んでしまった・・・。このブログを書いている時にgoogleのストリートビューで確認すると、中央に見える白いガードレールに塩の道の道標があるけど、自分が歩いた時は何も無かったので、そのまま直進してしまった。


ん? この先に分岐があるみたい...
【14時30分】

ん? この先に分岐があるみたいだ。とりあえずそこまで行ってみよう・・・。


大きな招き猫のいる分岐を右に入...
【14時32分】

大きな招き猫のいる分岐を右に入ってみる・・・。50mほど進んだ所で違和感を感じる。公式マップで確認する・・・、ん? この先にトンネルが見えるけど、こんなにトンネル寄りのところで曲がるんじゃない。もっと手前(長野側)で曲がるんだ。ということに気が付き・・・


・・・引き返す。...
【14時35分】

・・・引き返す。


あっ! ここに分岐がある。本当...
【14時35分】

あっ! ここに分岐がある。本当のルートはもう一本先なのだが、ここからも行けそうなのでここから入る。

ここのルートは道標があれば何の問題も無いけど、無かった場合はちょっと分かりづらい。国道に出たら新潟側に少し歩いて、1本目の道を右折する。と覚えておけば問題無いと思う。ここからはストリートビューで確認しましたが、ここを右折したあとは、そのまままっすぐ行くと旧道のトンネルに入ってしまうので、その手前を左折します。ここの分岐には地面のサインがあるので間違えないと思いますが・・・。


本ルートらしきところと合流した...
【14時38分】

本ルートらしきところと合流したと思うのですが・・・


・・・あっ! 間違いなく本ルー...
【14時38分】

・・・あっ! 間違いなく本ルートの戻りましたね・・・。


あとは再び道標に従います。...
【14時38分】

あとは再び道標に従います。


小さな沢を渡ります。この辺りが...
【14時40分】

小さな沢を渡ります。この辺りが今日の最低部になると思う。


う〜ん、踏み跡があるような・・...
【14時41分】

う〜ん、踏み跡があるような・・・


・・・無いような・・・所を進ん...
【14時42分】

・・・無いような・・・所を進んでいきます。


少し踏み跡がしっかりしてきた。...
【14時43分】

少し踏み跡がしっかりしてきた。


ん? 大きな岩がある。...
【14時44分】

ん? 大きな岩がある。


「道筋の大岩」って、道筋(みち...
【14時44分】

「道筋の大岩」って、道筋(みちすじ)って大雑把な名前だな〜・・・。って思っていたら、チラシ地図の方に「道筋」は(みちすじ)と読むのでなく(どうず)と書かれている。そりゃそうだよな「みちすじのおおいわ」なんてわざわざ呼ばないよな・・・。それじゃあ、ただの路傍の石ってことだもんな・・・。


あれ? 舗装路に出た。ここを右...
【14時45分】

あれ? 舗装路に出た。ここを右折。もしかして先ほど間違えた招き猫の分岐をそのまま進んでいたらここに出たのか? ストリートビューで確認してみた・・・。どうやら違うようだ。でも、方角的に見てここを左折すると国道に出そうなんだけどなぁ〜。


シャガが咲いていた。...
【14時46分】

シャガが咲いていた。


あれ? 車がある。この車はどこ...
【14時46分】

あれ? 車がある。この車はどこから入って来たんだ?やはり他にもルートはあるようだ。


上の写真の建物が・・・湯原温泉...
【14時47分】

上の写真の建物が・・・湯原温泉。ここ(上の写真中央の電柱の脇)に塩の道の道標があった。なのでここを入っていくんだと思って、石の裏側(道が付いている)に回り込んでそのまま進んだら・・・、温泉に入り込んでしまった。ってきり温泉は建物の中だと思っていたけど、ここは露天なんだね・・・。たまたま誰も入っていなかったからよかったけど・・・。ちょっとビビった・・・。


気を取り直して・・・。本ルート...
【14時48分】

気を取り直して・・・。本ルートは2つ上の写真の建物の前を左折して駐車場の奥に続いている。


石仏群がある・・・...
【14時49分】

石仏群がある・・・


・・・ここが猫鼻石仏群。昔は近...
【14時49分】

・・・ここが猫鼻石仏群。昔は近くに茶屋があったらしい。いまは近くに温泉がある。


小さい花がいっぱい・・・。軽い...
【14時49分】

小さい花がいっぱい・・・。軽い藪漕ぎで、花の花粉がズボンにポツポツ付く。


細い車道を越えて・・・...
【14時57分】

細い車道を越えて・・・


・・・ルートは続いている。...
【14時57分】

・・・ルートは続いている。


あの上が葛葉峠になるのかな〜?...
【15時00分】

あの上が葛葉峠になるのかな〜?


橋が見えた。あそこが国道になる...
【15時02分】

橋が見えた。あそこが国道になるはず。公式マップを見るとあの辺りでコースがグリンと輪を描いている・・・。いったいどうなっているんだろう? と思っていたけど、現場を見て納得・・・。


一度、上の写真の橋の下をくぐる...
【15時05分】

一度、上の写真の橋の下をくぐる。橋の向こう側から階段で橋の上に・・・


・・・上がる。そして・・・...
【15時05分】

・・・上がる。そして・・・


・・・橋を渡る。つまり、橋の下...
【15時06分】

・・・橋を渡る。つまり、橋の下と上を歩くことによってコースが立体的に交差している。


ん? あっ! あれは!!!...
【15時07分】

ん? あっ! あれは!!!


やったー! ついに新潟県に・・...
【15時07分】

やったー! ついに新潟県に・・・


・・・入ったぁ〜!!!太腿の部...
【15時07分】

・・・入ったぁ〜!!!

太腿の部分に付いている白いものは先程藪漕ぎした時に付いた白い花の花粉です。


橋を渡って少しいった所を右の脇...
【15時09分】

橋を渡って少しいった所を右の脇道に入ります。


左奥に見えるトンネルが国号のト...
【15時10分】

左奥に見えるトンネルが国号のトンネルになります。


姫川。かなり大胆に蛇行していま...
【15時11分】

姫川。かなり大胆に蛇行しています。


やっぱりあの上が葛葉峠だ。...
【15時11分】

やっぱりあの上が葛葉峠だ。


脇道の突き当りに蒲原(がまはら...
【15時12分】

脇道の突き当りに蒲原(がまはら)温泉があります。でも現在は営業していないみたい・・・。


蒲原温泉の建物の左に(上の写真...
【15時13分】

蒲原温泉の建物の左に(上の写真の左端に黄色いブルドーザが写っています)・・・


・・・ルートが続いています。葛...
【15時13分】

・・・ルートが続いています。葛葉峠まではあと700m。


え? ルートはどこだ? とりあ...
【15時14分】

え? ルートはどこだ? とりあえず適当に登ってみます。すると・・・


・・・薄い踏み跡が続いていまし...
【15時14分】

・・・薄い踏み跡が続いていました。


あ〜、もう少しで山の稜線に太陽...
【15時19分】

あ〜、もう少しで山の稜線に太陽が沈む〜〜〜。


ジグザグに登って、ふと振り返る...
【15時30分】

ジグザグに登って、ふと振り返ると、先ほど渡った国道の橋が見えます。結構登ってきたんだ・・・。


ジグザグの坂を登り切ると・・・...
【15時35分】

ジグザグの坂を登り切ると・・・ん? 車道に出たぞ? 奥に「民宿 アルプス」と書かれた建物もある。


今は営業していないようだけど・...
【15時36分】

今は営業していないようだけど・・・。前の自動販売機は生きている模様・・・。


トイレもある。...
【15時36分】

トイレもある。


自販機で水を買ってみた・・・。...
【15時37分】

自販機で水を買ってみた・・・。(当たり前だけど)普通に買えた・・・。うぅ、苦労して水を担いで来た自分の労力って・・・。でも、売り切れの可能性もあるので、たとえここに自販機があると分かっていても水を持ってこないわけにはいかない・・・けど・・・。


普通に車道が続いている。右端に...
【15時38分】

普通に車道が続いている。右端に塩の道の道標が見える。そこには「葛葉峠」と書かれている。やっぱりここが葛葉峠だ・・・。自分が思い描いていた峠とあまりにもかけ離れすぎていてちょっとビックリ。イメージでは山の中の峠を想像していたけど、全然違う・・・。確かに地図でよく見ると車道が通っているのを確認出来る。単純に自分の確認ミスだ・・・。


民宿の脇に広場(?)がある。...
【15時39分】

民宿の脇に広場(?)がある。


奥には進めないようだ・・・。...
【15時40分】

奥には進めないようだ・・・。


駐車場なのか? 区切られた所も...
【15時46分】

駐車場なのか? 区切られた所もある。


もうすぐ太陽が稜線に沈もうとし...
【15時51分】

もうすぐ太陽が稜線に沈もうとしている。

とりあえず今日の最低限の目的地まで来た。時間はまだ16時。気分的にはあと5kmは進んでおきたかったけど、その間にテントを張れる場所があるかは分からない。ちょっと悩んで今日の行動はここまでとした。そうと決まれば今日のテント場を探す。


広場の脇に小山がある。その脇に...
【15時54分】

広場の脇に小山がある。その脇に・・・


・・・テントを張った。地面が砂...
【16時08分】

・・・テントを張った。地面が砂利で痛いかな〜と思ったけど、それほどでもなかった。今回はエア式のマットを持っていったので、地面の影響はほとんど受けなかった。


今日の夕食はこれ。...
【17時54分】

今日の夕食はこれ。


生卵が欲しかったけど、手に入れ...
【18時04分】

生卵が欲しかったけど、手に入れることが出来なかったので、チャーハンの素だけでご飯を炒めた・・・。


夜は星が綺麗だったので、こんな...
【21時27分】

夜は星が綺麗だったので、こんな写真を撮ってみた・・・。そんなことをしながら、眠りについた・・・。

明日は最終日、ゴールの糸魚川に着く予定。そして、最大の難所の大網峠(おあみとうげ)越えがまっている。


 ルート図(全体)

ルート図

 鳥瞰図(4日目)

鳥瞰図

 断面図(全体)

コース断面図

 このページのルート図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、数値地図50000 (地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び電子地形図25000を複製したものである。 (承認番号 平25情複、 第571号)

 このページの鳥瞰図、コース断面図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の基盤地図情報を使用した。 (承認番号 平25情使、 第583号)

 また、これらの承認を得て作成した成果品を第三者がさらに複製又は使用する場合には、国土地理院の長の承認を得る必要があります。

 前後の記事へのリンク

後の記事 → 
今の記事 → 2016年6月25日 塩の道トレイルをスルーハイク 14/20
前の記事 → 

 スポンサー