塩の道トレイルをスルーハイク 15/20

投稿日:2016年06月25日(土)

最終日の5日目のスタートです。塩の道最大の難所(歩くコースによっては違うかもしれませんが)の大網峠(おおあみとうげ、と読んでいましたが、おあみとうげ、が正しいようです)越えが待っています。このページでは葛葉峠から大網地区にある大網諏訪神社付近までの約5.5kmです。姫川温泉までは下りが続きます。姫川を渡ってしばらくは上りが続きます。

トレッキングデータ

| 山行日2016年04月29日(金)〜05月04日(水)【テント泊
| コース【1日目】牛つなぎ石(松本)〜アルプス公園〜あづみの橋〜穂高神社〜かじかの里公園キャンプ場
【2日目】かじかの里公園キャンプ場〜木崎湖〜中綱湖〜青木湖〜北村キャンプ場
【3日目】北村キャンプ場〜道の駅白馬〜ホテルメリベル栂池(栂池高原)
【4日目】ホテルメリベル栂池(栂池高原)〜千国越えコース〜石坂越えコース〜道の駅小谷〜葛葉峠
【5日目】葛葉峠〜天神道越えコース〜大網峠越えコース〜塩の道(東まわりコース)〜道路元標(糸魚川)
| 山 名 | 歩行距離【1日目】23.263km
【2日目】36.330km
【3日目】20.483km
【4日目】26.660km
【5日目】30.362km
【合 計】137.098km
| 所要時間【1日目】06時間12分
【2日目】09時間04分
【3日目】07時間04分
【4日目】10時間03分
【5日目】11時間07分
【合 計】43時間30分
| 累積標高【1日目】(+)363m(-)415m
【2日目】(+)795m(-)504m
【3日目】(+)396m(-)423m
【4日目】(+)1,272m(-)1,633m
【5日目】(+)1,383m(-)1,817m
【合 計】(+)4,209m(-)4,792m

現在地


塩の道トレイル5日目

4時半起床・・・。結構暖かい・...
【04時22分】

4時半起床・・・。結構暖かい・・・。

今日はこの塩の道トレイル最大の難所の大網峠越えが待っています。そして糸魚川にある道路元標を目指します。距離にして約30kmです。


朝食はこの旅定番の猫マンマです...
【04時42分】

朝食はこの旅定番の猫マンマです。ご飯が見えないのでただの味噌汁にしか見えませんね・・・。ちゃんとご飯が入っています。


まだ太陽は稜線の向こう側にいる...
【05時13分】

まだ太陽は稜線の向こう側にいる。


テントを・・・...
【05時17分】

テントを・・・


・・・撤収。...
【05時32分】

・・・撤収。


なんか、この広い空間もったいな...
【05時34分】

なんか、この広い空間もったいないな・・・。端の方だけでも土にして、塩の道トレイルの用テント場にしちゃえばいいのに・・・。


葛葉峠 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

ポカリスエットを購入。これと昨...
【05時37分】

ポカリスエットを購入。これと昨日買っていた水とで約1リッターの水分を持つことになる。でも、今日は昨日と違いテント泊用の水を持たなくてよいので、ほんの2〜3kgとはいえ、荷物が軽い。


葛葉峠を新潟側から見る。...
【05時39分】

葛葉峠を新潟側から見る。


姫川まで2.8km。...
【05時40分】

姫川まで2.8km。


さぁ、最終日のスタートです。ゴ...
【05時41分】

さぁ、最終日のスタートです。ゴールの糸魚川にある道路元標を目指します。スタートは普通の車道を歩きます・・・。


廃屋ですね。国道のトンネルが出...
【05時42分】

廃屋ですね。国道のトンネルが出来る前まではこの道が幹線道路だったんでしょうか? トンネルが出来て、こちらの道を使う人がめっきり減ってしまって・・・。ということでしょうか?


黄色い花。ミツバツチグリとかい...
【05時42分】

黄色い花。ミツバツチグリとかいう花かな?


無事にゴール出来るかな〜?...
【05時44分】

無事にゴール出来るかな〜?


ん? 何かある。...
【05時50分】

ん? 何かある。


おっ! あの横顔は・・・!...
【05時54分】

おっ! あの横顔は・・・!


雪崩・・・。...
【05時59分】

雪崩・・・。


でっかい仏像だ! 下に車が停ま...
【06時01分】

でっかい仏像だ! 下に車が停まっているのでその大きさが分かると思う。


ユルユルと下っていく。車は一台...
【06時02分】

ユルユルと下っていく。車は一台も通らない・・・。


隣に流れている姫川を渡らなけれ...
【06時04分】

隣に流れている姫川を渡らなければならないので、とりあえず一度姫川まで下る。なので、もう少し下る。


ん? 右側に分岐が2箇所ある・...
【06時10分】

ん? 右側に分岐が2箇所ある・・・。どちらかを曲がるはずなんだけど・・・。手前と奥・・・どっちだ・・・?


2つの分岐の間に道標があった。...
【06時11分】

2つの分岐の間に道標があった。写真は逆から見たところ。これを見ると右奥から下りてきたので、左に進むように書かれている。結果から言うとこの道標の位置がおかしい。正解のルートは上の写真の奥の方の分岐を進む。つまりこの写真を撮っている位置の後ろの分岐を入る。通常、分岐の手前に道標が置かれているのが普通だけど、ここでは分岐を過ぎた位置に道標があるので、もし糸魚川側から来たとすると、この道標では塩の道が分岐しているように見える。この道標を見て引き返して曲がる人はいないと思う。せめて、前述した道標の位置を示す点が描かれていればいいけど、それも無し・・・。ここの道標の位置または表示方法を再考する必要があると思う。


と言うわけで、間違った分岐を下...
【06時12分】

と言うわけで、間違った分岐を下ってきた・・・。結果、行き止まりに・・・


・・・廃墟がある。周りを見渡し...
【06時13分】

・・・廃墟がある。周りを見渡し見ても、この先にルートがあるように思えない。


そういう場合は一度確実な位置ま...
【06時14分】

そういう場合は一度確実な位置まで戻るのがセオリー。


ここでは最後の道標の位置まで戻...
【06時14分】

ここでは最後の道標の位置まで戻る。画面右寄りに立っているのが【06時11分】の写真に写っている塩の道の道標。今度は・・・


・・・奥の分岐を進む。...
【06時14分】

・・・奥の分岐を進む。


おっ! 今度はそれらしい道だ。...
【06時15分】

おっ! 今度はそれらしい道だ。


一度下って左手前に進む。うん、...
【06時17分】

一度下って左手前に進む。うん、地図通りだ。


道なりに進むと、公園がある。こ...
【06時18分】

道なりに進むと、公園がある。ここでトイレ&休憩。それにしてもこの遊具、珍しいことに・・・


・・・トイレと合体している。緊...
【06時18分】

・・・トイレと合体している。緊急の場合はここにテントが張れるかも・・・まぁ、公園とかは基本テント禁止だろうけど・・・。ちなみに水場は確認していません。


右に大糸線、その向こうに姫川が...
【06時26分】

右に大糸線、その向こうに姫川が流れている。お気づきでしょうか、線路の上に電線が無いですね。大糸線は糸魚川から南小谷まではまだ非電化区間なので、電車ではなくディーゼル車が走っています。


ホテル國富翠泉閣(姫川温泉)。...
【06時27分】

ホテル國富翠泉閣(姫川温泉)。ここに泊まるのも有りかもしれないけど、いかんせんお値段が・・・。宿泊費だけで比較すれば、ここの一泊の料金で最初に泊まった「かじかの里公園」のキャンプ場に半年以上滞在出来る・・・。


姫川温泉を過ぎて少し行くと、橋...
【06時28分】

姫川温泉を過ぎて少し行くと、橋が見える。


まずは大糸線を渡って・・・...
【06時30分】

まずは大糸線を渡って・・・


・・・姫川を渡ります。...
【06時30分】

・・・姫川を渡ります。


まずは川を渡った所から斜めに伸...
【06時30分】

まずは川を渡った所から斜めに伸びる道に入ります。


入口はこんな感じです。...
【06時31分】

入口はこんな感じです。


道標もあります。...
【06時31分】

道標もあります。


さぁ、ここからはしばらく登りが...
【06時32分】

さぁ、ここからはしばらく登りが続くぞ〜!


ん? 何かの発電設備か?...
【06時34分】

ん? 何かの発電設備か?


今日のスタートからは下りっぱな...
【06時35分】

今日のスタートからは下りっぱなしだったので、ちょっと進んだだけで汗が噴き出してくる。


先ほど歩いていた対岸を見る。ち...
【06時38分】

先ほど歩いていた対岸を見る。ちょこっとだけ登ってきた。


道は真っ直ぐにも続いているけど...
【06時40分】

道は真っ直ぐにも続いているけど、ここを左手前に曲がります。地面のサインもあります。


まだこの辺りは車で上がって来ら...
【06時40分】

まだこの辺りは車で上がって来られるんだね・・・。


・・・だそうです。...
【06時40分】

・・・だそうです。


この辺は牧坂と言うらしい。...
【06時40分】

この辺は牧坂と言うらしい。


先ほどの謎の施設を越えて行きま...
【06時44分】

先ほどの謎の施設を越えて行きます。


そんなにここまでは車は上がって...
【06時44分】

そんなにここまでは車は上がってこないのか?


落石防止柵が何の役にもたってい...
【06時45分】

落石防止柵が何の役にもたっていない。


道には倒木やら・・・...
【06時46分】

道には倒木やら・・・


・・・落石が散乱している。...
【06時46分】

・・・落石が散乱している。


崖に飛び出ている大岩から下を見...
【06時50分】

崖に飛び出ている大岩から下を見る。怖くてこれ以上前に出られない・・・。


ん? この辺りはタイヤの跡がハ...
【06時51分】

ん? この辺りはタイヤの跡がハッキリ付いている。


なるほど、林業関係の車も走って...
【06時53分】

なるほど、林業関係の車も走っているのか・・・。よく考えてみれば、生活道路ってことも無いよな・・・。


分岐。左は立ち入り禁止になって...
【06時53分】

分岐。左は立ち入り禁止になっています。よく見ると真っ直ぐな方の道の奥に塩の道の道標が見えます。


先ほどの左に道の先にはプールの...
【06時56分】

先ほどの左に道の先にはプールのような施設があります。大量の水が大きな音を立てて流れています。


振り返ります。姫川の流れが下の...
【06時58分】

振り返ります。姫川の流れが下の方に見えます。


ん?・・・...
【06時58分】

ん?・・・


・・・右側だけ急に開けた。ここ...
【06時58分】

・・・右側だけ急に開けた。ここからは確認出来ないけど、畑でもあるのかな?


少し進むと分岐があります。...
【06時59分】

少し進むと分岐があります。


右奥から歩いてきました。ここを...
【07時00分】

右奥から歩いてきました。ここを左に入ります。松本側から歩いてきた時の視線だと右に曲がります。


でっかい道標があるので間違いよ...
【07時00分】

でっかい道標があるので間違いようはないですね。


ココら辺の地面はなんだかフカフ...
【07時00分】

ココら辺の地面はなんだかフカフカしていて歩きやすいです。


見づらいですが湿地帯のような所...
【07時02分】

見づらいですが湿地帯のような所を歩きます。地面を踏みしめる度に水がじわ〜っと湧いてきます。地形的に窪地になっているのかな?


この辺りは平らでテントも張れそ...
【07時05分】

この辺りは平らでテントも張れそうですが、何となく止めておいたほうがよさそうな雰囲気です。上手く言えませんが・・・。


もはや車は絶対に通れませんね・...
【07時07分】

もはや車は絶対に通れませんね・・・。


また平らな所があった・・・ここ...
【07時09分】

また平らな所があった・・・ここは・・・


・・・荷換峰と言うらしい。ベン...
【07時09分】

・・・荷換峰と言うらしい。ベンチもあります。


もう少し進むと・・・...
【07時10分】

もう少し進むと・・・


・・・民家が見えてきます。大網...
【07時11分】

・・・民家が見えてきます。大網地区に入った模様です。


この辺りのルートはかなり複雑で...
【07時12分】

この辺りのルートはかなり複雑です。道のサイン、道標、GPSを総動員して進みます。人に聞こうにもそうタイミングよく人がいるわけじゃないです。公式マップはほとんど役に立ちません。


でも、道標類は全コース中でもか...
【07時13分】

でも、道標類は全コース中でもかなり多い方だと思います。それでも、間違えましたが・・・。


鳥居が見えますが、あそこが大網...
【07時14分】

鳥居が見えますが、あそこが大網諏訪神社だと思う。脇を通ります。


中央の道標には「大網宿・高札場...
【07時14分】

中央の道標には「大網宿・高札場跡」とありますが、えっ? えっ? 何処? って感じです。道標には左に矢印が向いているので、そちらに進みます。


丁字路にぶつかって・・・続きは...
【07時17分】

丁字路にぶつかって・・・


 ルート図(全体)

ルート図

 鳥瞰図(5日目)

鳥瞰図

 断面図(全体)

コース断面図

 このページのルート図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図200000(地図画像)、数値地図50000 (地図画像)、数値地図25000(地図画像)及び電子地形図25000を複製したものである。 (承認番号 平25情複、 第571号)

 このページの鳥瞰図、コース断面図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の基盤地図情報を使用した。 (承認番号 平25情使、 第583号)

 また、これらの承認を得て作成した成果品を第三者がさらに複製又は使用する場合には、国土地理院の長の承認を得る必要があります。

 前後の記事へのリンク

後の記事 → 
今の記事 → 2016年6月25日 塩の道トレイルをスルーハイク 15/20
前の記事 → 

 スポンサー